もっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげる法 ? テクニックよりコツをつかめ

古谷先生の幻の1冊。今やAmazonでの最高値が19,000円というから本当にすごいです。(笑)

なんでも絶版になって、その後、MBAの講義とかで出かけると、絶版に対して苦情が出るらしいので、年末にでも自炊してPDFファイルを先生に献上する予定。

戦略の基本:

  1. 差別化が利益を生む
    利益と売上は違う。売上は世の中にたくさんのニーズがあるかどうかで決まる。利益が出なければ意味がない。
  2. 戦略とは資源配分
    「捨てる技術」

戦略づくりの5大ポイント

  1. マクロ思考
    V字カーブ、長い時間軸
  2. 切り口の選択
    BCGポートフォリオ
  3. 競争
    平均コストの罠
  4. トレードオフ
    戦略の要諦は「何を捨て、何をとるか」
    投資/リスクとリターン
  5. 定量化
    メーカー思考と金融思考

正しく課題を設定する
アイディアマンは仕事ができない
本当の課題はなにかを重要視
問題解決はオーソドックスに古典的手法
課題 – 仮説 – 検証のグルグル
組織の上と下の視点で議論ができる人 – 組織の縦のギャップ

良い仮説の条件:深さと面白さ
面白さ = 新規性 x 有効性

内容に深みを感じさせる仮説が良い仮説
仮説づくりの手法

  1. スコープを変える
  2. アナロジーを使う(類似した事例からヒントを得る)
  3. 組み合わせを変えてみる
  4. 定量化する

【目次】

  1. 第1章 アッという間に一流になれる仕事の学び方
    早く一流にならなければ楽しくない何事にも必ずコツがある
  2. 第2章 戦略的思考が知恵を生む
    マクロの視点で考える問題の切り口を変えてみる
  3. 第3章 人と決定的に差がつくうまい仕事のやり方
    仕事の「目のつけ方」
    課題がわかれば問題は解決したも同じ仕事の「進め方」
    アイツに任せれば安心と評価される仕事術
  4. 第4章 仕事を通じて実践力を身につけよ
    ビジネスにいちばん大切なもの仕事は上司よりも客に学べ

Leave a Reply