P2P送金 ? 信用の工夫

資金決済法で目覚めるネット上の才能・・・・確かにそうですが、やはり悪用されるケースを想定すると、提供者としては怖いところでもあります。

「例えばクレジットカードを持たないような未成年の方であっても、任意の個人に送金するようなことがより身近になると考えられます」(抜粋)

P2Pの送金に関しては、やはりソーシングに対する対価の支払いという使われ方が一般的になるのではないかと思っています。
でも、そこである程度消費者心理として、相手の素性がある程度わかっていることが必要になると思います。
そのためには、Peer Review、ユーザー評価のしくみなどが求められてきます。
P2P送金のサービスをフルに提供する前に、P2P詐欺送金が起こらないような、安全を担保できるような独自のしくみが必要ですよね。

Leave a Reply